ジャージ補修シート商品紹介

ジャージ穴・破れ補修!素人が5分で簡単にできた方法と裏ワザを紹介

「買ったばかりのお気に入りのジャージに穴があいてしまった・・・。」

ショッキングな出来事ですよね(゚A゚;)ゴクリ

穴さえなければ、まだまだ着れる!そんなときはチャチャッと補修しましょう。買い換えるなんてもったいないです。

今回は素人でも5分で簡単にできるおすすめの補修方法と裏ワザをお伝えします。

 

 

アイロンをかけるだけ!ジャージ補修シートを使ってみよう

ジャージの穴・破れを修繕するには、ミシンやワッペンを使ったりする方法などがありますが、最もおすすめは『ジャージ補修シート』を使った補修。

やり方はとっても簡単。補修したいサイズに切り取って、アイロンを当てるだけ。糸を使わないので補修箇所も目立ちません。

 

裁縫したことない私が実際に補修シートを使ってみた。

結果は以下のとおり。
ちなみに、5分かからないくらいでできました。

ジャージ補修シートを使う前と使った後の結果の写真

カギザキの補修(上図の上段)は裏から単純に補修シート貼っただけなのですが、ぱっと見たぐらいでは傷跡が分かりません。

正直、ここまで目立たなく補修できるとは思っていなかったのでかなりビックリしました。

また、穴あきも同じく裏から補修シートを当てただけなのですが、こちらも目立たなくなりました。

肌が見えているみっともない状態から比べると雲泥の差ですね。これだけでも十分ですが、もっと目立たなくする方法もあります。詳しくは記事後半で。

 

補修シートの角を丸めた図

補足:補修シートをカットする際には上図のように角を丸くしましょう。このようにすることで洗濯を繰り返してもはがれにくくなります。

ジャージ補修シートはAmazonで購入可能!

今回使った弊社のジャージ補修シートの写真

 

今回使用した上図の補修シート、実はこれ弊社がメーカーに依頼して作ってもらったものなんです!

ジャージによく合う伸縮性バツグンの素材を採用したので、補修後も修繕箇所を気にせず運動できます。

サイズもお得感たっぷりな11cm✕32cm。
使用する分だけハサミで切り取ればいいので、1度購入すれば複数回使えます。目安としては2cm四方以内の穴なら12~15回分くらい補修できます。

現在、Amazonで500円以下で販売しているので、繰り返し使用するなら、なんと1回あたりの補修額が42円以下になります。これならお財布にも優しいですよね!

節約して嬉しい表情の女性のイラスト

 

カラーは黒、紺、青、緑、白、えんじの全6色。高品質の日本製です。
白は体操服の補修にもお使いいただけます

現在、下記のショッピングモールからお買い求めいただけます。

Amazon
ヤフーショッピング
(※ヤフーショッピングは管理コストの関係で販売価格が若干高いです。)

 

ひと手間かけてジャージの穴をさらに目立たなくするウラ技

記事前半で穴の補修のビフォー・アフターを載せましたが、あれは裏から補修シートを貼っただけだったので、どうしても穴の凹み部分までは補修できませんでした。

この凹み部分をなくして傷口を目立たなくするには、ジャージと同じような布を用意し、その布をカットして補修箇所の穴を塞ぐような状態にする必要があります。

次のようなイメージです。

共布を使った補修の方法の説明図

ただ、ここで1つ問題があります。それは、共布(ジャージと同じような布)が用意できないという場合です。

そんなときにおすすめなのは、ポケットの布を切り取って共布にする方法です。もちろんポケットの切り取った部分も後で補修します。移植手術のようなイメージです。

共布さえ用意できれば、準備はOK!

実際にひと手間かけて補修してみた。

ジャージに穴が空いている状態の補修前の写真

↑今回補修する穴。いびつな穴なので共布を合わせやすいよう四角にカットしていきます。

 

ジャージの穴の周りを整えた写真

↑四角にカットした穴。(※見やすいよう少し大きめにカットしました。)次に穴の型取りをします。

 

ジャージの穴を型取りした写真

↑型取り完了。ジャージがズレないよう注意しながら、三つ折りしたコピー用紙にボールペンで型取りしました。

 

ポケットの布を共布にするためカットした写真

↑ポケットから移植する共布を切り取ります。後で細かく修正するので、少し大きめに切り取るのがポイントです。

 

カットしたポケットを補修した写真

↑共布を切り取ったあとのポケットは、補修シートで補修します。分かりづらいですが、穴を挟み込むような形で両面からシートをセットし、アイロンをかけました。

 

型取りした裏に共布をセロテープで固定した写真

↑切り取った共布を型取りした紙の裏にセロハンテープで固定して貼り付けます。※後に表面から型に沿って切り取るので、型の後ろに共布がくるよう固定します。

 

共布を型に沿ってカットしている写真

↑表面から型に沿って切り取ります。共布がズレないよう指で押さえつけながら慎重にカットしていきます。

 

共布をカットした写真

↑無事カット出来ました。

 

共布をジャージの穴に当てはめた写真

↑カットした共布を補修する穴に当てはめてみました。ピッタリとまではいきませんでしたが、まぁこれくらいならOKです。
この上からジャージ補修シートをセットし、アイロンして出来上がりです。

 

共布を使って補修した写真

↑完成。かなり目立たなくなりましたʕ•̀ω•́ʔ✧

 

補修シートをそのまま貼っただけの画像とビフォーアフターで比較してみます。

ジャージの穴を共布を使わないで補修した写真と共布を使って補修した写真の対比

やはり、手間かけた分だけキレイに仕上がりましたね。ただ、素人なのでここまで作業するのに20分ほどかかりました。

正直、細かい作業が苦手な手軽さ重視の方にはおすすめできません。

逆に細かい作業が好きで仕上がり重視の方にはおすすめです!ぜひやってみてください。

ジャージの補修は時間もお金も節約できる補修シートがベスト!

今回紹介したジャージ補修シートの特徴を再度まとめてみます。

  • アイロンをかけるだけの時短補修!
  • 伸縮性バツグンなので、補修後も修繕箇所を気にせず運動できる!
  • 2cm四方以内の穴を繰り返し補修したら、1回あたりのコスト42円以下。コスパ最高!

ジャージの穴あき・破れでお困りの方は、ぜひ使ってみてください。

Amazon
ヤフーショッピング

使ってみた感想もコメント欄から報告いただけると嬉しいです(๑•̀ㅂ•́)و✧

The following two tabs change content below.

ナキャハラ

B-Faith株式会社の代表。30代前半男。2児の父。趣味はマンガ、旅行、酒。40歳前半くらいまでにアフリカの森林の奥地、アマゾン川に探検にいきたいと目論んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です